母子家庭でお金を借りるには

on 7月 24th, 2014 by 管理人

母子家庭でシングルマザーとして頑張っている女性はとても多いです。頼れる実家がある場合にはまだいいのですが、それすらないシングルマザーもとても多いのです。自分一人で生活するなら仕事も時間もどうにかなりますが、子供を育てるのも、経済面も全て自分で負担しなければならず、人一倍の努力が必要となってしまいます。
金銭的に困るときに頼れるところがない、という場合には、お金を借りるという選択肢に付いても検討してみましょう。一人親世帯、母子家庭の生活資金を工面するのに、都道府県や指定都市・中外都市から貸付けを受けられる母子家庭の生活資金という貸付けがあります。
修学、就学支度金、技能修得、就職支度金、医療介護、生活、在宅、などといった全部で12種類の貸付け制度があり、特に修学・修業・就職支度(児童に関わるもののみ)・就学支度資金についてはなんと無利息で借りることができ、それ以外の貸付けの場合には上限1.5%、連帯保証人を立てる場合には無利息でお金を借りることができます。これらの貸付けについては都道府県社会福祉協議会または済んでいる地域の保健福祉事務所で相談できます。
しかしもし次の給料日までにお金が足りない、など急にお金を借りたいときには公的な貸付けの審査を待っている余裕はありませんよね。そうした場合には、審査の早い消費者金融を利用するという手もあります。女性ですと消費者金融を利用するのが恥ずかしい、相談しにくいという方も多いですが、大手の消費者金融ではレディースキャッシングといって女性オペレーターが対応してくれるサービス体制も整っています。金利は多少高いですが、本当に困ったときには頼りになりますので一時的な資金として利用してみるのもいいでしょう。

借りやすい消費者金融

on 6月 7th, 2014 by 管理人

借りやすい消費者金融はどんなところなのかといいますと、まずモビットなど大手消費者金融は比較的借りやすくできています。
更にそんな大手の中でも、「パート・アルバイトなどの方でも安定した収入がある方であれば、審査の上で契約が可能である」ことを明記してあるような消費者金融は借りやすい消費者金融といえるでしょう。

以下はそんな借りやすい大手消費者金融をまとめましたので、ご参考ください。

・アコム
融資額:1万円~500万円
金利:4.7%~18.0%
アコムでは2014年4月現在、6月30日までの期間限定で、最大30日間金利ゼロキャンペーンをおこなっております。
返済サポートが豊富で、返済計画のシミュレーションがホームページ上にあるほか、返済期日の失念を防ぐためにeメールサービスをおこなっており、返済期日の前日にお知らせメールが届くなど安心のサービスがあります。

・レイク
融資額:1万円~500万円
金利:4.5%~18.0%
レイクでは二種類の無利息サービスをおこなっております。そのひとつは借入額の内全額を30日間無利息で借り入れることのできるサービスで、ふたつ目は借入額(1万円~200万円までに限る)の内5万円分までを180日間無利息で借り入れることのできるサービスになります。

・アイフル
融資額:1,000円~500万円
金利:4.5%~18.0%
アイフルでは貸金業者系の消費者金融では珍しい1,000円からという小額の融資に対応可能なことが魅力的です。
また10万円までの小額借り入れ希望の方向けのプランや事業サービスプランにレディースプランなどプランが多数で、自分にあったものをその中から選ぶことができます。

ランキングはそこそこに消費者金融を探す

on 1月 17th, 2014 by 管理人

消費者金融をネットで調べたり探す時にお世話になることが多いのは、ランキングサイトです。
数箇所しか掲載されていないところもあれば、ずらりとまとめて各情報がお金を借りる比較してあるところまで。
探せば役立つランキング、あまり実用性のなさそうな所までいろいろと出てくるので、混乱しがち。
最初は数箇所のランキングをチェックするくらいで、消費者金融に対してのレビューや口コミをさらっていきましょう。

レビューや口コミというのは慣れない人からすれば、一番の利用者の声ですから気になります。
非常に参考になる部分も多いのですが、内容にまとまりのないレビューはあてにしないことをおすすめします。
具体的なことが書いていないのに、よくない会社だ、とクレームの部分や愚痴ばかりが書かれているもの。
そういった口コミやレビューはどこのランキングサイトにいってもあるので、気にしないのが一番です。

ただその利用者の状況について詳しく書いてあるタイプのものの場合は、参考にする価値はあります。
同じ状況に自分がなるとは限りませんが、もしものときはそういった対応をする会社かもしれない、というヒントになります。
基本的によくチェックしたいのは、収入の範囲と借入金額が書いてあるタイプのレビューです。

消費者金融会社についてのランキングでは、単純に善し悪しの評価だけを気にするのは損というもの。
実際に使うにあたって、どんなことが役立つのだろうか、とちょっと先まで考えてみるとお得です。
最初は金利の低さや借入れやすさ、返済しやすさなどちょっとしたことからで構いません。
長く付き合える消費者金融会社に出会うには、下調べも大切です。

金利の低さで選ぶなら住信SBIのネットローン

on 6月 6th, 2013 by 管理人

ネットローンはネット銀行で人気の住信SBIネット銀行の取り扱っているカードローンのことです。インターネットから申込をし、資金使途は原則自由(事業性はのぞく)で、他社からの借り換え資金としても使うことができる便利なカードローンです。モビット 親バレが心配な場合も便利に使えるでしょう。

カードローンを選ぶときに始めに金利比較などであるていど絞ると思いますが、このネットローンは下限金利をみても上限金利をみても他の銀行と比較して最高水準の好金利です。ネットローンにはプレミアムコースとスタンダードコースとありますが、このプレミアムコースの金利はなんと年3.5%〜10.0%、メガバンクの金利が4%台〜14%台が一般的に多いですから、それと比べるとかなりの好金利ですよね。

注目すべきは適用される適用金利です。適用金利は利用限度額に応じて決められますので、限度額が大きくなればなるほど金利は低金利に、限度額が小さいほど高い金利が適用されます。多くの人が借り入れをする10万円以上〜150万円未満の借り入れの場合に適用される基準金利は年10.0%、これ、ほかの多くの銀行だと14%台が適用されるようなところなので、4%の差というのはかなりの差ではないでしょうか?

ネットローンは審査が厳しいといわれてはいますが、利用条件をみると年齢が満20歳以上60歳以下、安定継続した収入があること、外国籍なら永住権があること、保証会社の保証を受けられること、住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していることとあり、申込をするのに厳しいような条件は見当たらないかなと思います。カードローン検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。